4話 「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻のネタバレ

MENU

神の乳母~異形に奪われた妻~【スマホ漫画】ネタバレ、立ち読み情報

神の乳母~異形に奪われた妻~のエロ漫画ネタバレサイト。無料立ち読みもできます。

神の乳母4話 「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻のネタバレ

神の乳母4話 「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻のネタバレ


化け物の餌としてベビーシッターを続けている彼女だが、その務めが終わり夜家に帰るといつもの母に戻ります。


主人と息子と楽しい食事の時間が過ぎ、みんなが寝静まった時のこと。



天井から化け物が、あの子が這っているような音が聞こえてきました。



・・・私を呼んでいるの?



そんな風に思いながら眠りにつくのでした。





ふと、何かの気配を感じ取った百合恵はパッと目を覚ました。



おもむろに窓を見ると、化け物が窓を開けてこっちを見ていた!!!




「ひっーーーー」



部屋に入ってくると、百合恵の体に向かってズルズルと這い寄ってくる!


百合恵は恐怖のあまり動けないでいた。




この状況で騒いでしまって、もしも主人や子供が起きてしまったら化け物に何をされるか分からない・・・


抵抗することなく彼女は化け物を迎え入れたのです。



百合恵は思っていた。



こんな化け物に体を許しているなんて家族には絶対に知られたくない・・・


ベビーシッターの時のように化け物に体をむさぼられると、彼女の体は快感に支配され今にも声が出そうになる。



必死でこらえる百合恵は、主人が目を覚まさないことを必死で願っていた。




早く終わらせてほしいのに、この状況を理解しているかのように、化け物は行為をじらしているようだ。



まさか、私がお願いするまで待ってるの・・・?



「お願いします・・・もう許して・・・」


すると、化け物のへそから伸びるソレはいつものように激しさを増したちまち百合恵の体は快感で満たされるのです。



気持ち悪いのに、恐ろしいのに・・・


あなたに抱かれるよりも幸せになっちゃってる!!



ほどなくして彼女はイかされてしまいます。


すると、タイミングよく主人が目を覚ました!!!


「どかしたかい百合恵・・・?」

だが、



「なんでもないの、ただ悪い夢を見ちゃっただけだから」



そう言い、主人に知られることはなかった。


>>5話のネタバレへ