3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ

MENU

神の乳母~異形に奪われた妻~【スマホ漫画】ネタバレ、立ち読み情報

神の乳母~異形に奪われた妻~のエロ漫画ネタバレサイト。無料立ち読みもできます。

神の乳母3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ

神の乳母3話 「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母のネタバレ


あのおぞましい赤子のような化け物にからだを奪われてしまった日以来、百合恵は毎日のように神守の家にベビーシッターとして通うようになった。

もちろん、百合恵は人間じゃない生き物に毎日体を犯されたいためにベビーシッターを続けているわけではない。


とてもつらくて苦しいが、もしも家族に何かされてしまったら大変なので我慢してでも続けざるを得なかった。


ベビーシッターをしている最中は、神守は決まってどこかへ出かけていきます・・・



百合恵が部屋に入ると、化け物はその時を待っていたかのように彼女のもとにベッドから這い降りてきます。



最初見た時よりも、化け物の体は一回り大きくなっているように百合恵は感じていた。



百合恵の体液によって、数日の間に確実に大きくなっているという事実は彼女にとってとても耐えがたい物だった。




百合恵の体に上り、いつものように勢いよく乳首にしゃぶりつく化け物。


目は見えているのか見えていないのか、乳首のある場所はすでに分かっているといった様子。




そんなに吸っても、母乳なんかでないのよ・・・



化け物に向かってそう言ってみたが、しゃぶるのをやめる事はない。



乳首をしゃぶられ続けた百合恵は、遂に乳首だけでイってしまいます。


主人にさえもこんなに感じさせられて事がないのにと・・・彼女は罪悪感を抱いていた。





その後、へそから伸びている性器のような物が彼女の体をつたいアソコをめがけて動き出した。



彼女にとって地獄のような時間・・・


ソレは膣内に侵入すると、奥まで突き進み、遂には子宮内にまで入っていった。





今まで感じた事のない未知の快感を味わう百合恵。



この子とおなかでつながるの気持ちいい・・・



彼女は今まで理性を失うことはなかったのだが、ついに未知の快楽に堕ちてしまうのです。



>>4話のネタバレへ